カウンセリング

素敵なフェイスラインとは

女の人

プロが魅せる診察力の結果

顔面が美しく見える比率は美術的な視点から決まっており、美容整形科ではこの比率に近づける形の施術を患者に施します。美しさの中でも小顔は特に美術的な比率が厳密に決まっており、施術を担当する医師がこの比率を把握しているかどうかが重要です。正面からの視点で小顔になる方法は主に頬骨を削る施術と、エラを削る施術で顔の全体のバランスを見ながら施します。顎骨の縮小はメスを使った施術に限定されますが、エラの肥大化であればボトックスで筋肉を縮小できるので、これらの施術に対応できる病院を探しましょう。メスの場合は事前に施術結果をコンピューターで見せてもらえる病院がお勧めで、その結果を見て自分の希望を伝えた上での施術の受診がお勧めです。ボトックスの場合は病院で使用している薬品によって、筋肉縮小の効果に違いがあるため、医師に使用薬品の詳細を聞いてから受診してください。効果範囲の広いボトックスを使用しているならば、筋肉縮小による小顔になる方法で顔全体を修正できるメリットがあります。ここまでの施術で注目するポイントは額と中顔面と下顔面の比率が1対1対1になる大きさが最も美しく見える点です。なので事前に施術結果を見せてもらう際には定規等で大きさを図っておくと、美しい顔を客観的に把握できるのでお勧めです。次に小顔になる方法として有名な施術は、中顔面と下顔面への施術で顔の長さを調整する方法です。主に横顔の美しさが気になる人にお勧めの方法で、この美容整形はメスによる施術でのみ修正できます。問い合わせ時にはLeFortのI型骨切り術の得意な医師がいるかどうかを確認すると、希望通りの施術結果を期待できます。ただしLeFortを受診するには、診察で下顔面の骨をどれほど移動させるのかを分析する必要があるので、一度診察に訪れてみましょう。そして下顔面の移動が長いと判断された場合は、HighcutLeFortの骨切り術を得意としている機関の検索を検討しましょう。またオトガイ短縮術も検討候補としては最適な施術なので、医師に相談しどちらが良いかを判断してもらった上で受診を決意するのもお勧めです。ただし下顔面の施術で小顔になる方法を期待する場合、複数の施術が必要な事も多く同時受診で費用を節約できる機関の模索もお勧めです。Vライン形成術や下顎角形成術がこれにあたるので、対応できる機関の中で一番安く受診できるプランを受診しましょう。費用は70万円前後の相場に推移しているので、この基準を元に最適な価格を提示している機関での受診を検討しましょう。