カウンセリング

理想の小顔になるには

頬を触る人

美容医療で悩みを解消

外見の悩み、コンプレックスは人それぞれ違いがありますが、顔が大きいことで悩む人も多いものです。小顔になる方法では、自宅で行えるものではまずダイエットがあげられます。明らかに太っていて、顔が大きくなっている場合は全体にサイズダウンすることで、顔も小さく引き締めることができます。そして、特に太ってはいなくて、顔の大きさが気になるという人が小顔になる方法では、フェイスマッサージやエクササイズがあげられます。顔が大きく見える原因としては顔のむくみがあげられますが、マッサージは余計な水分や老廃物の排出に役立ち、顔を小さく引き締めてくれます。さらに顔のたるみが気になる人はエクササイズを行うことで顔の筋肉を引き締めることができ、こちらも小顔作りに役立ちます。このほかではメイクで工夫する、髪型でカバーすることも顔を小さく見せることに役立ちます。それから自己流の努力で小顔になるのが難しいという場合はプロによる施術も検討してみてはいかがでしょうか。プロによる施術ではエステサロンによるケアもよく選ばれていますが、悩みにしっかりと対応するのであれば美容整形も検討してみてはいかがでしょうか。まず、脂肪がたっぷりついていて、顔が大きいという人が小顔になる方法では、やはり余計な脂肪を取り除くことが大事です。脂肪を取り除く方法では、まずは脂肪吸引があげられ、こちらは一回の施術でしっかりと脂肪を取り除くことができます。より穏やかな作用で自然な痩身を得るのであれば脂肪溶解注射もおすすめです。この場合は一回で脂肪がなくなるというわけではありませんが、回数を繰り返すことで自然な痩身を得ることができます。このほかでは、エラが目立っていて、顔が大きく見えるという悩みを持つ人もあります。エラが目立つ人が小顔になる方法としては、やはりエラを目立たなくすることがあげられます。骨を削るのには抵抗があるという人もボトックスならより気軽に利用できるのではないでしょうか。こちらは骨格が原因ではなく、筋肉がついてエラが目立っている人に有効な方法で気になる部位に注射を行うことで、筋肉を痩せさせ、輪郭をすっきりさせることができます。こちらも効果はゆっくりと現れてきますので、周りに気づかれることなく自然に顔を小さくすることができます。永久的な効果ではないものの、施術を繰り返すことで、だんだんと戻りがおきにくくなるとされています。骨格が原因している場合はやはり骨切りや骨削りの施術が有効となります。こちらは本格的な治療となりますが、永久的な効果を得ることができます。