カウンセリング

ボトックスで小顔になる

ウーマン

顔を傷つけないで小顔に

顔の大きさは全体のバランスなどにも影響してくるため、やはり気にしている女性も多いのではないでしょうか。見た目の印象などはとても大事ですし、特に顔が大きいとそれだけでイメージが悪くなってしまうような気がしてしまうのかもしれません。例えばメイクなどで小顔になる方法もありますが、どうしても限界がきてしまうためうまくいかず悩んでいる人もいるでしょう。そうなると整形という事になってきますが、顔の大きさを変えるとなると目元や鼻などの部分的なものとは違うため躊躇してしまう事もありそうです。ただ最近は大掛かりな事をしなくても簡単に小顔になれる方法もあるため、すぐに諦めてしまう必要もないでしょう。顎の骨を削ったりしなくても小顔になる方法はありますので、自分がその方法に適しているかどうか確認してみる価値はありそうです。小顔になる方法の中でも比較的安心してできるのは、ボツリヌス菌を用いたボトックス注射によるものではないでしょうか。顔の筋肉をボツリヌス菌によってリラックスさせ、余計な張り出しなどを抑えることで顔の大きさを小さくしようというものです。ただ少し気を付けたいのは、すべての人がこの方法で小顔になれるということではなく、筋肉によるエラの張りの場合に限るという事でしょう。骨による張り出しの場合はボツリヌス菌をいくら注入しても効果がありませんのであまり効果が期待できないかもしれません。顔の大きさがエラ部分の筋肉による張り出しの場合はボトックス注射をするだけで小顔になれる可能性があります。やり方もとても簡単で、エラの張りだした部分に注射をするだけですし、効果があらわれるまで待つだけですので体に負担もなくすませることができるでしょう。整形については傷がつくことや精神的な負担などがどうしても気になりますが、小顔になる方法でもボトックスを用いたものだと比較的安心してできそうです。またこうした整形の場合気を付けたいのは効果の持続性などですが、やはり永久的でないため定期的な注入が必要になってくるでしょう。一時的に筋肉をリラックスさせて活動を抑えられるものの、次第に効果も薄れて再び筋肉が太くなる可能性がでてきます。効果を持続させたければ、半年ごとに定期的なボトックス注射をするなど長期的なメンテナンスなども視野に入れておくといいでしょう。また人にもよりますが定期的に注入しているうちに少しずつ効果が定着していく場合もあるため、様子を見ながら行っていくといいでしょう。